友達にイライラしたときの対処法

友達の言動にイライラしてしまったという経験はほとんどの人がお持ちでしょう。友達というのは気の合う人の集まりではありますが、やはり生まれも育ちも違えば相容れぬ点もやはりあるものです。どうしても許容できない言動があった時、そのまま相手にぶつかっていくのは多くの場合悪手です。

 

そもそも相手がその言動を問題だと自覚できているかどうかも定かではないため、急に突っかかっていけば不要ないさかいを産んでしまいます。友達もあくまで他人であるという前提をしっかり認識し、譲歩できることは譲歩した方が自分にとっても楽なものです。

 

まず、相手の言動にイライラしたこと、不快になったことを伝え合える関係を築いておくことは最も建設的です。

 

そして実際にイライラしたときは、自分はその発言が気にくわないという旨を冷静に伝え、相手に自分にとってのイライラポイントを知ってもらえばより円滑なコミュニケーションが図れます。もちろんその場合、相手から伝えられた場合も受け入れなければなりません。

 

そうでなければ、基本的に深く考えず流してしまうべきですが、一旦距離を置くのも現実的な対処法です。その時に自分がイライラしたことを一々告げる必要はありませんが、イライラする話題にたびたび触れられる場合は、その旨を伝えて控えてもらうか関係を考え直すかの二択になります。

 

やはり馬が合わない相手というのはいるものですので、性格のすりあわせの必要がない友達を選ぶというのも一つの手ではあります。