イライラと更年期の関係

閉経近くになると急に様々な症状が出始めることは歴史的にもよく知られており、これらの症状を総称して更年期障害と呼んでいます。更年期障害は閉経に際して大幅に女性ホルモンバランスが変動することによって起こる問題であり、身体的な変調だけでなく精神的にも様々な変調をきたします。場合によっては、周りに「人が変わったよう」と評されることさえあるのです。

 

女性は閉経をもって女性としての性機能を廃絶させ、それに伴い必要なくなった女性ホルモンの分泌も停止されたり極端に少なくなったりします。

 

閉経以前にも少しずつ女性ホルモンの分泌は減少しますが、それを考慮しても閉経の際の急激なホルモンバランス変化の影響は甚大であり、体のあらゆる部位に大きな影響が出うるのです。そしてよくあるのが原因もないのにやたら気が立ってイライラしてしまうというもので、これもホルモンバランスの変化によるものです。

 

更年期障害はここ数年〜10数年程度の間に急激に認知が進みました。そして昔と比べれば個人でとれそうな対策も色々考案されているため、一度更年期障害に関する本を読んでみるといいでしょう。基本的には失われた女性ホルモンの働きを充足するような栄養の摂取が効果的で、特に注目されているのが女性ホルモン様物質である大豆イソフラボンです。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンそのものを投与した時のような副作用なく女性ホルモンの働きを補填できるもので、大豆食品を食べることで手軽に摂取することができます。あとはやはり、安定した生活習慣を送ることでしょう。