イライラの原因は女性ホルモンの乱れ?

女性特有のイライラの原因に女性ホルモンの乱れがあります。女性は生理が始まってからはずっと女性ホルモンバランスが大きく変動し続けるため、それによる心身の様々な変動を感じることが多くあるでしょう。

 

若いうちは生理周期に伴って女性ホルモンバランスが変動するため、生活習慣の乱れからひとたび生理周期が乱れてしまうと女性ホルモンバランスまで乱れてしまいますし、妊娠出産などの際にも女性ホルモンバランスが大きく変動します。

 

そして閉経前後に最大のホルモンバランス変動が起き、これが更年期障害という形で甚大な影響を及ぼすことはみなさんご存じの通りと思います。

 

女性ホルモンは自律神経系に大きな影響を与えるため、女性ホルモンが乱れていると精神的に不安定になることも多々あります。

 

そして具体的に起こる感情がイライラなのです。交感神経が亢進すると攻撃的な感情が高まり、しかしながらその対象がない以上説明しがたいイライラ感となって現れるのです。対象のないイライラを他人へぶつけても何も解決しませんし、周りから自分への評価をいたずらに貶めるだけですので、できるだけ腹に収めて女性ホルモンを安定させる対策を取ることです。

 

元々体に何かしら女性ホルモンへ影響を与える問題がないならば、まずは食事をバランスよくしっかりとること、睡眠時間を決まった時間にしっかり取ることが女性ホルモン安定化の基礎となります。その上で女性ホルモン様物質である大豆イソフラボンを意識して摂取したり、水溶性ビタミンであるビタミンB群・Cを摂取することで積極的な改善が期待できます。