イライラの原因はダイエット中のカロリー不足?

食事制限によるダイエットをしていると気が立ってくるのを体感したり、あるいは周りのダイエットをしている人がイライラしているのを見たことがあるのではないでしょうか。

 

食事を満足にとれないことによるストレス、というとさも我慢さえすれば何とかできそうな問題に思えるかもしれませんが、カロリーが不足するとイライラするのは人間の機能的に当然の反応であり、どれだけ我慢できるかは多少個人差があるかもしれませんがいずれにしても辛いことには違わず、あまりにも極端な食事制限に頼ったダイエットはそもそも成功率の低いダイエット法なのです。

 

大幅にカロリー摂取量が不足した場合、人間はエネルギーを摂取しようとする欲求の表現、例えば強い空腹感を覚えたり食べ物のことばかり考えるようになったりすると同時に、不要な消費エネルギーを抑えようとします。

 

この消費エネルギー削減は様々な部位の機能を低下させることで実現するのですが、特に普段から大きなエネルギーを消費する脳が強い影響を受け、特に脳の高次的な機能が低下します。これは本能から遠い社会性を作り出す部位が多く、人の失敗を許したり人の考えをおもんばかったりといった人間らしさを形成します。

 

これらがカロリー不足によって働きが堕ちることで、すぐにイライラしたり短慮な行動を取ったりと、周りからはいかにも機嫌が悪くすぐに怒りやすいなどと取られることになります。もちろん、本人にとっても大きなストレスとなります。

 

前述の通り、そもそも食事制限に頼ったダイエット法は効率的なダイエットとは言い難いのです。食べ過ぎは控えなければなりませんが、食事量を適正に保った上で運動でエネルギーを燃やすのが結局は一番楽な方法です。