イライラに効くサプリランキング

イライラする理由は日常生活から様々ありますが、よく挙げられるのが、ストレス・育児・不眠・生理前・更年期などになります。理由は色々ですが、イライラの原因となるのはストレスと栄養不足がほとんどです。

 

人はストレスを感じるとホルモンバランスが崩れやすくなり、同時に自律神経の乱れ、免疫力低下などを引き起こします。結果、心身、脳も疲労していくため、それらをカバーするための栄養補給が重要になります。つまり、イライラの原因を解消するために、ストレス軽減・心のリラックス・脳疲労回復に効果的な栄養の摂取が必要です。

 

イライラに効く成分として
  • テアニン(睡眠の質を高めリラックス作用)
  • ギャバ(自律神経調整しストレス軽減)
  • DHA・EPA(脳に働き気分安定)
  • ビタミンB群

 

などが挙げられます。当サイトはこれら有効成分を配合したサプリを厳選して紹介していますのでどうぞ参考にしてください。

 

ネムリスの特徴

ネムリスは、テアニン・ギャバなど必須アミノ酸を豊富に配合したサプリメントになります。テアニン、ギャバなどは、ストレス軽減・抗うつ作用などがあり、気分をリラックスさせてくれる成分です。また、イライラ解消に効果的なハーブ系成分も含まれています。イライラと気分の落ち込みやすい人におすすめです。

価格 1890円
評価 評価5
備考 テアニン・ギャバ・ラフマ・グリシン・トリプトファンなど

 

きなりの特徴

きなりは、青魚に多く含まれるDHA・EPAを高配合したサプリメントになります。DHA・EPAは厚生省も摂取を推奨するほど、健康を支える上で大切な成分です。その作用は幅広くありますが、脳へアプローチし脳機能の活性化、気分安定をもたらします。疲れ、ストレスからくるイライラを解消したい人におすすめです。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 DHA・EPA・ナットウキナーゼ・アスタキサンチン・クリルオイル

 

女性のミカタ やすらぎ編の特徴

女性のミカタは、女性特有の症状緩和に効果的なハーブ成分を中心に配合したサプリメントになります。月見草オイル・ラフマ葉エキスなどが生理前の諸症状に働き、気分のどんより感・倦怠感などを解消します。また、ビタミンB1を筆頭にイライラに効くビタミンB群も含まれます。

価格 980円
評価 評価4
備考 イソフラボン・月見草オイル・ラフマ葉エキス・ビタミンB1・B6・B12

 

イライラの原因

 

ちょっとしたことでイライラしてしまったり、特に何もないのに気が立ちやすかったりという経験はありませんか?このような苛立ちは周りから見ると性格的なものと解釈されやすいものですが、実際は元々の性格によるもの以外に様々な要因でイライラしてしまうということがあるのです。

 

栄養不足やストレス、自律神経のトラブルなど…原因は身体的なものや心因的なものなど様々です。それでも周りから見れば気難しい人だと解釈されてしまうため、できる限りイライラの原因を解消し心に余裕を作ることが重要です。

 

イライラの原因は多岐に渡りますが、現代では特にストレスや不規則な生活習慣による自律神経失調によるものが多数を占めます。

 

自律神経は体の不随意的な機能を司っている神経であり、意識せずに行っている血圧や脈の調節などを行う非常に重要な神経です。そして脳内の神経伝達物質分泌にも深く関わっているため、自律神経の働きが狂うと気分障害や精神的な問題も現れることがあります。

 

酷くなればうつ病や統合失調症のような重大な精神病も引き起こすことがありますが、軽微な気分障害はもっと高頻度で起こります。そしてその現れ方の代表的なものが、何かとイライラするというものなのです。

 

自律神経失調は交感神経や副交感神経のバランスを崩す以下のような要因によって引き起こされます。

 

・強いストレスを受けること
・就寝時間が不規則であること、睡眠時間が短いこと
・日中に日の光を浴びる時間が少ないこと
・栄養摂取が不十分であること

 

などが代表的です。これらに該当する人は要注意といえるでしょう。

 

イライラを解消するには?

 

イライラを抑えたりイライラの元を解消することは、本人の精神衛生上も周りとの関係を保つためにも重要です。イライラの原因は多岐に渡るため、イライラを解消する方法もまた多岐に渡るのですが、多くのケースでは生活習慣を改善することとストレスを回避したり上手く処理することで大きな改善が見られます。まずは、生活習慣を見直すところから始めるといいでしょう。

 

理由もなくイライラする時、脳内の神経伝達物質のバランスが悪いことが考えられます。攻撃性を司る交感神経を亢進させるアドレナリン等と、休息状態をもたらす副交感神経を亢進させるセロトニン等は、本来は適切なバランスで比内変動を繰り返すのですが、様々な原因でバランスが崩れることがあるのです。

 

そして現代では、交感神経に傾くバランスの崩し方をする人が非常に多く、これが様々な健康問題などを招いています。

 

交感神経亢進は例えば不眠や胃酸過多・慢性胃炎・胃潰瘍、高血圧、動脈硬化など、健康に重大な影響を与える要因なのです。また交感神経が亢進することそのものがイライラを生じさせ攻撃的な精神状態にさせるため、交感神経を落ち着かせることが第一です。

 

交感神経を落ち着かせてイライラを抑えるには、規則的な生活習慣と栄養バランスのとれた食事から始め、できるだけストレスを受けない・溜めないようにする、夜間睡眠前は極力電気の光を浴びないようにするなどの対策が基本となります。

 

精神の安定と栄養摂取には深い関わりがあり、必要な栄養素が不足しているとイライラしやすくなったりするものです。また精神に直接的な作用をもたらす有効成分もあり、何かとストレスを溜めがちな現代社会だからこそそのような栄養素の力を借りて平穏な精神状態を保ちましょう。